プロミスでのお金の借り方

プロミスでのお金の借り方

プロミスでのお金の借り方は、とても簡単です。初めての方でも、とてもスムーズに利用できるようになりました。

 

キャッシングやカードローンという商品を選ぶ際に大切なことは、その使いやすさをチェックしておくことです。

 

プロミスなら申し込みが、スピーディーかつ簡単になっています。

 

プロミス
⇒審査・お申し込みはコチラ

 

申し込み方法

プロミスではネット、店頭窓口、自動契約機など申し込み方法を自由に選べます。

 

一番おすすめなのは、ネットで申し込みをしておいて、契約は店頭窓口か自動契約機に行くという方法です。ネット申し込みと契約方法を組み合わせることには、実はたくさんのメリットがあるのです。

 

ネット申し込みは24時間いつでもできること、これも忙しい方が限られた時間でローンを利用するためには重要なことです。申し込みをしたいと思った時に、いつでも出来るのがプロミスの特徴です。

 

パソコンやスマホなど手元のツールから、思い立ったらすぐに申し込みを済ませる、これが素早い借り入れへの近道です。

 

30日間無利息サービス

さらにお得に利用できる方法も見つかります。初めての方は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をすることで、30日間の無利息サービスが利用できます。

 

また、プロミスの利用状況などに応じてポイントを貯めることができ、そのポイントを提携ATMの利用手数料として使うことができるというお得なポイントサービスもあります。

 

安心、スピード、お得とキャッシングやローンに求めるものが揃っているのがプロミスと言ってよいでしょう。

 

もちろん借りやすさや返済しやすさといったローンの使いやすさやローンスペックに関しても、利用者の方を十分満足させてくれるはずです。

 

プロミス
⇒審査・お申し込みはコチラ

 

振込キャッシング

ネットで申し込みをすると、審査対応時間なら最短30分で審査が完了します。このままネットで借り入れをするという方法もできるのですが、審査完了時間が問題となります。

 

審査が完了した時間が、平日14時00分を過ぎていると、振込キャッシングを依頼しても翌営業日の振り込みとなってしまいます。

 

自動契約機

振込キャッシングを受けて、そのまま口座から支払うといった場合なら手間はかかりませんが、現金が必要な場合なら引き出しに行く必要があります。

 

契約をするために自動契約機や店舗に行くと、その場でプロミスカードが発行されます。店頭窓口なら曜日や時間帯によりますが、その場で現金が借りられます。

 

自動契約機は多くの場所でATMが併設されているので、受け取ったカードでそのまま、お金を借りることが可能です。プロミスATMだけでなく、金融機関やコンビニATMでもキャッシングできます。

 

また、土曜日・日曜日・祝日に現金が必要な場合も、ネット申込み⇒自動契約機⇒ATMの流れが最適です。誰にも会わずに申し込みができるというのも、借り入れ経験がない方にも安心ですね。

 

直接来店するデメリットとは?

「ネット申し込みをせずに、直接店舗か契約機に行けばいいのでは?」と、私も始めは思いました。

 

しかし、店舗や契約機で申し込みからスタートすると、最短30分ではありますがその場で審査時間を待たなければいけません。初めて申し込みをする方にとって、この時間は意外と長く感じられるものです。

 

その点、ネット申し込みを先に済ませておくと、審査が終わっていることから、待ち時間はとても短くなります。

 

さらに、審査結果が分かっていますから「借りられるのだろうか?」と不安に感じることもありませんし、「わざわざ出かけたのに結局借りられなかった」という無駄足にもなりません。

 

いつまでにお金が必要なのか?

プロミスで申し込みから契約まで進めて、お金を借りる時には、申し込み時間と、自分がいつまでにお金が必要なのか?これをしっかりと考えておきましょう。

 

もしも審査が予定以上に長引いてしまって、振込キャッシングをしても当日借り入れできないのなら、カード受け取りは契約機まで行く、といった状況に応じた切り替えをすることで、必要なタイミングに間に合わせることができるわけです。

 

プロミスのフリーキャッシングでは一度契約を済ませてしまうと、限度額までは何度でも借り入れすることができます。借り入れたお金を一旦全額返済してしまっても、解約手続きをしない限りは、また借り入れできるのです。

 

プロミス
⇒審査・お申し込みはコチラ

 

まとめ

プロミスは消費者金融の中でも低金利設定となっている代表格です。初めてローンを利用する方も、金利の心配をする必要がありません。

 

もちろん借りていた期間だけの利息を支払いますので、随時返済などをすることでさらに利息を抑えられます。随時返済しやすいための返済方法が、たくさんあるというのもプロミスの特長でしょう。

 

プロミスでは誰でもが考える「こんなローンを使いたい。」「こういう風にキャッシングしたい。」というプランを実現するための方法が揃っているのです。