親からのお金の借り方

親からのお金の借り方

金融業者からお金を借りることを考えるよりも、先に思い浮かぶのは親からの借り入れかもしれません。友人知人親戚からの借り入れには抵抗があっても、親であれば相談次第で貸してくれることも考えられるでしょう。

 

今の時代にはお金を借りる方法は多くあります。例えばクレジットカードを持っていればそのキャッシング枠でも借り入れができます。親からの借り入れには審査がない、返済も自由度が高い、それが最も安心できるポイントかもしれません。

 

身内であれば利息の心配も担保の心配もないでしょう。しかし親であればなおさらのこと、心配をかける可能性は十分に考えなくてはなりません。

 

社会人となり、現在の収入の中でやりくりができていないという心配を与えることもあります。逆に消費者金融などで借り入れをせずに頼ったという安心を与えることもあるかもしれません。

 

大きな金額なら借用書も必要

例えば、住宅を購入するための資金など大きな金額を借り入れる場合には、借用書や契約書などを贈与税を考えても、しっかりと整えておく必要があります。

 

親子間であってもお金の貸し借りはトラブルの危険性があります。そして、贈与税という大きな問題も発生する可能性が十分にあります。

 

  • 返済の履歴を残しておくこと
  • 金利や返済についての取り決め

 

最低限でもこれらのことは明確にしておかなくてはなりません。

 

返済の履歴を残すことは面倒なことではありません。口座を用意して返済をしていることを確実にするだけで充分です。

 

借用書の決め方については、税務署でも相談に応じています。

 

心配を掛けないために借りるという方法

親の経済的な負担もあります。近年になり今後の年金受給額の減少も不安要素の一つです。親は子供のためには家を売ってでもというのは正直なところでしょう。

 

しかし、そこまでして親にお金を用意させることがはたして得策なのかどうかを、今一度考えなくてはなりません。

 

方法を間違えなければ、月に一度返済していくことだけを考えてみると親から借り入れをしても、カードローンや融資などを利用しても同じ事です。違いがあるとすれば返済に対する猶予と金利でしょう。

 

大きな金額であれば目的に合わせたローンも銀行では取り扱いがあります。収入が少ないのであれば公的融資も検討することができるでしょう。また、少額キャッシングであれば消費者金融でも無利息期間の活用ができます。

 

何が賢明な手段になるのか、今一度将来を考えてじっくりと検証しましょう。