学生のお金の借り方

学生のお金の借り方

学生でもお金を借りる方法があります。可能性が高いのは消費者金融です。

 

銀行カードローンの場合には申し込みのための条件が厳しく、学生は親の同意を得る必要があったり、収入面で審査に通らないということが多いからです。

 

消費者金融の利用条件は、20歳以上の安定した収入がある方となっており、その中には学生も含まれています。裏を返してみると、20歳以上の成人で安定した収入があれば職業は問わないということです。

 

学生はアルバイトをしていることが大前提

20歳以上の学生であればだれでも借り入れができるというわけではありません。もちろん返済をするための安定した収入が必要です。申込みの条件としても決められています。

 

それでは時給で働き、さらには学業が本分の学生で、毎月のアルバイト収入が一定ではないときにはどのようにして安定を確認するのでしょうか。

 

実は消費者金融の審査で重要となるのは、年収よりも勤続年数です。年収が高いか低いのか、それは融資限度額に影響を与えます。

 

反対に、昨日今日就職したのであれば、例え大手企業であっても安定をみることはできずに、審査には通らないということもあります。

 

これから先の返済を安定して行いことができること、それが消費者金融の言う「安定した収入」です。先のことなど予測がつかないと思われるかもしれませんが、これまでの働いてきた実績がこれからを推測する材料になります。

 

半年以上のアルバイト勤続があれば、消費者金融の審査には通りやすい傾向があります。

 

学生は金利と利息の関係を知る必要がある

これまで親にお金を借りる機会はあったかもしれません。その時に金利は20%になる、と言われたことはあるでしょうか。恐らく無利息で親から借りて、返せるときに返すという方法を取ってきたのではないでしょうか。

 

それは消費者金融での借り入れでは通用しません。消費者金融での借り方にはルールがあります。

 

金利あり、そこから利息が発生します。ただし、金利だけで利息が決まるわけでもありません。

 

借入残高×金利÷年間日数×利用日数
このように一日分の利息を利用日数分支払うこととなります。

 

消費者金融には無利息期間が用意されていることもあるため、そのサービスも充分に活用しながら、早いん返済を心がけることで利息は必要以上に支払うことはありません。